個人情報保護法は2005年4月1日より全面施行されました。
これにより公的機関に加え、民間事業者についても個人情報の取り扱いにかんするルールが定められ、個人情報取扱事業者は適正な取り扱いが義務付けられることになりました。

たとえ個人情報の本人に実害がないとしても、本人にとっては自分の個人情報を誰が保管し、どのように使っているのか分からないため、不安や不快を感じる方も多いものと思われます。

この法律は国民が安心して、高度情報通信社会のメリットを享受できるようにルールを定めています。


個人情報とは?

  • 一言で言うと、特定の個人を識別できる情報です。代表的な物には氏名、住所、性別、生年月日などがあります。防犯カメラ等に記録された映像も本人と判別される場合は、個人情報となります。

個人情報取扱事業者とは?

  • 過去6ヶ月以内の1日でも5000人を超える個人情報を取り扱っている事業者が対象となります。この個人情報とは他人に容易に検索できる状態になっているものを指します。
  • パソコンなどに入っているデータだけでなく、紙でも対象となります。

事業者はどんなルールを守る義務があるの?

  • ①利用目的の特定
  • ②不正な手段による個人情報の取得の禁止。利用目的の通知または公表
  • ③データ内容の正確性の確保
  • ④データの安全管理
  • ⑤第三者提供の制限
  • ⑥本人からの求めに応じて開示・訂正・利用停止等


IT化の進展に伴い、コンピュータ等を利用しての個人情報の取り扱いが拡大していくと予想されます。こうした個人情報は取り扱いを誤ると、個人に取り返しのつかない被害をおよぼす恐れがあります。ルールを守り、取り扱いには十分留意しましょう。



弊社では、個人情報保護士の認定を受けたエキスパートがいます!

現在も廃食用油のリサイクルシステムを実施されているお客様が増えています。お客様に合ったシステムをご提案させて頂きます。